【文字の大きさは右サイドバーのボタンで変更してください→】

胸がスーッとする武勇伝を聞かせてください!
引用元:http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1047702977/

216: おさかなくわえた名無しさん 03/03/28 04:03 ID:FABrnUpH
OL時代、ラッシュをすぎた時間の電車だったので安心していたら
終点の出口でいきなりお尻を揉まれた。

すっげー腹が立ったので、ホームに降りてからそいつの背中めがけて
派手な蹴りを入れてやった。

思い切りすっきりしたところで後ろからきた親子連れの子供が
小さい声でぼそっと「チュンリーみたい」と言ったので内心喜んだのに
その後母親らしき女性が「しっ!聞こえるよ」って言ったことで
ちょっと気が沈んだ・・・

217: おさかなくわえた名無しさん 03/03/28 08:22 ID:kCBlKjx7
>>216
ステキすぎ

225: おさかなくわえた名無しさん 03/03/28 14:05 ID:JF4fOKpK
>>216の電車の話で思い出した。
ガラガラの電車の中で中学生ぐらいのDQN二人が
パンとかお菓子とか食べてて、その食べかすの袋なんかを
座席の間にギュウギュウ押し込めてた。
何人か乗客はいたんだけど、私を含めてみんな見てみぬふりしてますた。
すると、シルバーシートに座ってた60代半ばの普通のお爺ちゃんが
「おまぃら、ゴミはゴミ箱に捨てろ!」と一括。
DQNたちは「うっさいんじゃ、じじい」とか何とか。
そん時に、たまたま隣の車両から歩いてきた皮パンに皮ジャンの
兄ちゃんが「おまぃらが悪いんやろが」と、お爺ちゃんに加勢。
それをきっかけに今まで黙ってた他の人たちも「そうや、そうや」って言い出した。
さすがに居心地が悪くなったのか、DQN二人は次の停車駅で
ゴミを持って降りていった。
私は見てるだけだったけど、なんかスッとしますた。
その後に、お爺ちゃんが「最近はああいうヤシを叱ってやる大人がおらん」って
嘆いているのを聞いて、見ていただけの自分が恥ずかしくもなったけどね。


おすすめヘッドライン