【文字の大きさは右サイドバーのボタンで変更してください→】

引用元:僕らの知らない生活をする人たち 11人目
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1127381142/

290: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/06(木) 09:46:40 ID:Yhp9nBL3
フリーライターで、ゴーストライターやってる人とか
架空記事書いたりしている人いないかな?
提灯記事とかいっぱいあるそうだけど、外注せずに
社員や編集者が書くのかな?

351: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/11(火) 09:31:07 ID:HQfJxr9G
亀ですが、とある高名な評論家さんのゴーストをやっていたことがあります。

だいたい「記者」志望が崩れて業界紙なんかからフリー転向とか、
マスコミバイトから流れてきたのとか、
筆はそこそこ立つけど、コネもなくチャンスもない、みたいのが数人、
評論家様から大きなテーマを提示されて、自分で絞り込んで、
下調べをしてコンパクトな、まぁ小論文みたいのにまとめます。
それでOKが出ると、その人のスタッフという名刺をそのときだけもらって、
取材とかして、そこそこのボリュームに書き上げます。
で、評論家様に買い取っていただきます。
自発的に論文みたいなものを書き上げて売り込むこともあります。
しばらくすると、
評論家様のお名前でどこぞに掲載or出版されます。
多少の加筆や添削はされますが、ほぼそのまま出るようです。
もちろん我々のクレジットは出ませんし、あとがきなどに名前が出ることもありません。

金額はもう忘れました(10年以上前のことなので)が、
まぁ雑誌の捨て記事ととんとんかな、という程度で、
調べる手間とか考えるとあんまりペイしない感じ。
ただみんな自分の勉強と野心(いずれ何かの形で自分が世に出るというはかない夢ですな)
のためにやっているようでした。
が、そのころやっていた自分の知っている人で、世に出た人はいませんねw

ちなみにその評論家様は長年に渡って非常に高い立場にいる人ですが、
当時、自分で1から書いた原稿なんてない、ぜんぶゴーストでした。

自分は1年くらい散発的に参加しましたが、すぐ足を洗ったので
その後のことは知りません。

352: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/11(火) 11:01:25 ID:RPkMfpLK
>>351 多分その評論家様は ○むら健○さんの事ですね。
   あの方は講演1回80万円を数をこなして食っている、そうです。
   TV出演は講演と出版のために顔を売る手段とか。

353: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/11(火) 11:12:44 ID:ujOaJIkn
>>351
へぇ。面白い!(といったら失礼か)
ゴーストライターって専属じゃないことが多いんですね。
(○○先生には△△さん、といった感じを想像してました)
いろいろなゴーストから買い取ってたら、文体が一致しなくて
すぐばれそうw

355: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/11(火) 11:36:19 ID:HQfJxr9G
おおレスがついてますね。
>>352
その人じゃありません。
ああいうタイプではありませんが別の意味でハッタリかますタイプのような気もする・・・
まぁそれ以上はカンベン。

自分がやった評論家様にはちゃんとした常勤スタッフもいるので、
最終的に文体のチェックはそうした人の手で行われていたと思いますが、
その方の他の原稿から文体をまねることなどライターなら朝飯前です。
いろんなジャンルの人のゴーストやってて、
それこそエ○風味から政治家風まで文体を使い分けたりする人もいますよw
で、本人はシャレで経済論文風のエ○小説なんか書いたりして読ませてくれます。

ではこれにて。

358: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/11(火) 15:49:20 ID:MoBpnLOP
むしろエ○小説風の経済論文の方がありがたいんだが

359: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/11(火) 16:10:37 ID:91hevCRp
>>358
査読通んないよ。

363: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/11(火) 21:01:43 ID:OaOEo7ZP
ゴーストライター面白かった。
少なくとも、アウトラインぐらいは提示されてから
書くんだと思ってた。
自分で調べんのかすごいな。

芸能人が書いた本とかほとんどそうなんだろうな。
奴らに文章書く能力があると思えんし。

364: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/11(火) 21:48:27 ID:M3dPq3rj
聞き書きって言うのもあるよね
インタビュー取材してからテープ起こして
文章に仕立ててくパターン

365: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/11(火) 21:59:11 ID:HExEoY0N
松本伊代は昔、番組で自分が書いたエッセイを
宣伝する時、どんな内容か聞かれて
「まだ読んでないんですよ」ってうっかり暴露してたな。

367: 351 2005/10/12(水) 09:57:40 ID:XaaSLGs4
去るつもりでしたが、その後を確認しにきたついでに補足。

自分はある評論家様だけのゴーストでしたので、他についてはほとんど知りません。
が、芸能関係はまた事情が違うと思います。
そのあたりは誤解なさらないようにお願いします。
評論家様もマスコミには頻出されてましたがなにぶん分野が違います。

ここからは伝聞にすぎませんが、
芸能関係では意外と本人が筆が立つケースが多いようですよ。
ただ時間に追われて構成に手間をかけられないため、
パーツを本人が書いて、他の人がまとめたりということは多いでしょうね。
あとは、上記のように、聞き書きとか。「バカの壁」も聞き書きですもんね。
なんにせよ弁が立つ人は筆も立つことが多いようです。

ではこんどこそさようなら。

369: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/12(水) 12:44:42 ID:PoPCg8Nu
>>351
面白かったです!ありがとう。

でも去る前にできれば「経済論文風のエ○小説」をさわりだけでも
読みたかった…ww

370: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/12(水) 16:41:24 ID:Xs+f7SrO
>>369
「お、お兄ちゃんっ!お兄ちゃんのGNP凄くいいっ!」

375: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/12(水) 19:19:58 ID:zg0htXMM
俺は掃いて捨てるほど居るプログラマで、自分のやってることは「他人の著作権」のものを
書く仕事ばっかりだよなあ、と思ってます。 自分の仕事をシロートさんに説明するときには、
「ゴーストライターです」って説明してます。 俺の書くコードには必ず冒頭にcopyrightお客さん
を入れてあります。 ま、当然なんですけど。

376: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/12(水) 19:29:36 ID:5najZf8P
>>375
そういやそうだなぁ…。
かといってそれほど内容の違うものを書くわけでもないしねぇ。
毎回違うものかいてちゃ効率あがらんし。

同じひとがつくったほとんど同じものが、別の人のコピーライトで、
競合製品として出回る世の中の不思議ww

377: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/12(水) 19:49:15 ID:aZBAysvs
コードそのままお客さんに渡すの?
うちは暗号化したパッケージだけ渡す。
コード丸ごと渡したら使い回したり
よそで使われちゃうもの。

378: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/12(水) 20:23:42 ID:5najZf8P
>>377
まぁ契約や力関係次第。
IBMとかはすべて自分とこに著作権残してるんだっけか。
とはいえ実際書いてるのは孫請けだろうけどw
スレ違いなのでこのへんで。

379: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/12(水) 21:14:18 ID:o2sDvA7b
産業翻訳者ですが
翻訳会社と請負契約するときの契約書に
著作権放棄が明示されてることある


380: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/12(水) 22:23:15 ID:h382QKXS
>>379
著作財産権は放棄できても、著作人格権は放棄できないんじゃないかな。

381: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/12(水) 22:33:07 ID:o2sDvA7b
>>380
名誉権みたいなもんだよね
実際、仕事おさめた後いじられのはわかってるし
納品した物をどういじられようと、どう利益を上げられようと
最初の提示金額以上の利益はナシング
買取ってかんじ。

382: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/13(木) 09:08:28 ID:Im9mrV0+
>>380
ん。人格権には、同一性保持権も含まれてるはず。
コンピュータプログラムも著作権法上の著作物認定されてるんだよね。
改編に関しては、受け渡し先に「改編を許諾する」ということになってるんだろう。
>>379のような「放棄」は契約書上は書かれていても、実際の争ったら多分
勝てるかもしれないね。





おすすめヘッドライン