【文字の大きさは右サイドバーのボタンで変更してください→】

引用元:僕らの知らない生活をする人たち 11人目
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1127381142/

777: おさかなくわえた名無しさん 2005/11/09(水) 10:11:37 ID:y/IC7TuG
誘導されましたので。

言語聴覚士です。
仕事内容は、言葉・知能・嚥下(飲み込み)に関するリハビリ全般です。
対象はいろいろで、多いのは脳血管障害(脳梗塞とか)の後遺症の方です。
他には難聴・構音(発音)障害・高次脳機能障害・自閉症・学習障害・舌癌手術後後遺症などなど。
病院や高齢者施設なんかにいることが多いですね。
だいたいリハビリテーション科にいますが、絶対数は少ないです。いない病院も多いです。

訓練は施設によって違いますが、1対1でやることが多いです。
週に1回くらい、集団リハビリなんかもしますが。
訓練の内容は舌や唇の体操や発声練習・絵カードを見て名前を言う・読んだり書いたり計算したり。
小児の場合は一緒に遊びつつ訓練をしているようです(やったことないので・・・)。
患者さんに合わせてプログラムを設定し、状況に応じて変えていきます。
最近は嚥下リハビリが盛んなので、嚥下の練習や食事形態の調整・決定などもします。(作るのは調理師さんですが)

あとは大きい病院だったので、人工呼吸器を使用されている方のリハなんかもしました。
気管切開していると「声が出せない」イメージがあると思いますが、
実はのどの中に入っているカニューレによっては声が出せます。
ただちょっとコツが必要なので、それを一緒に練習しました。
あとは透明文字盤(視線を使って伝える)の練習・食べる練習とか。
食べることは本当に人生の大きな楽しみだと思います。
週1回でもほんの数口でも食べたい、と言う患者さんのためにいろいろ工夫して
安全に食べられたときの笑顔は本当に励みになりました。

現在は育児休業ちゅうですが、また復帰する予定です。
長文失礼しました。

778: おさかなくわえた名無しさん 2005/11/09(水) 10:35:32 ID:ssleY9RI
>>777
小さな感動をありがとう!

780: おさかなくわえた名無しさん 2005/11/09(水) 11:26:25 ID:u4IQ5RBQ
ことばの教室で指導してます。
私が勤め始めた時、まだ言語聴覚士という資格がなかったので
幼、小、養護学校の教員免許で採用されました。(後に言語聴覚士の資格もとりました)

幼児対象のところだったので、大人相手というのはないですが
(サ行がダ行になる、と悩んで相談に来た中学生は指導したことあります)
主に構音(発音)障害・自閉症・学習障害・言語発達遅滞の子の指導をしてました。
一番多いのが構音(発音)に誤りがある子です。
小さい子が発音を誤るのはよくあることですが
習得年齢を過ぎてもまだ謝ってる時は口腔器官になにか問題がないか調べて
問題がない場合は発音の練習をします。
最近多いのが滲出性中耳炎にかかってる子で、痛くないし、段々と聞こえづらくなるので
本人や親が気づかないパターンです。

指導としては発音器官である口腔を鍛える、耳の訓練、がメインです。
口腔を鍛えると言っても、えびせんのかけらを口の端につけて舌で舐め取るとか
アメを口の中で移動させる(左頬から右頬へ)、ガムを噛む、シャボン玉、ストローでボールを吹く
うがいをする、といった遊びです。ガムを噛んでたら血だらけになる子がいましたが・・・
耳の訓練は正しい音を聞かせることから始めます。絵本を読んだり言えない言葉の入ったカードで
かるた取りしたり。
子どもは遊んでくれるとこに行くくらいの感覚でしょうねw

「『しゃ』じゃないよ『さ』だよ。言ってごらん」と言わせたりは絶対しません。

「けんけー、きのう、なーくのおきごこ、みかよ」と言っていた子が
「せんせー、また『ナースのお仕事』見たさ」と上手に言えるようになると
本人以上に嬉しいです。

長文になってしまいました。すみませんorz

782: おさかなくわえた名無しさん 2005/11/09(水) 17:43:27 ID:9CyLEqgk
>>780
>ガムを噛んでたら血だらけになる子
血だらけ…((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル
ガムと一緒に舌も噛みまくってるとか?

783: おさかなくわえた名無しさん 2005/11/09(水) 18:01:40 ID:8cjhBBOr
>>777
聴覚士っていうくらいだから人より音感に優れてたりするんでしょか?
嚥下の訓練とかって、患者さんにどうやって指示するの?
飲み込む動作を言葉にして指示するのって想像つかないよ!
あと食事メニューの決定もするってことは、栄養士的な知識も必要なの?

>>780
「けんけー、きのう、なーくのおきごこ、みかよ」ってなんか可愛いね。
親にとっちゃ笑いごっちゃないけど。

784: おさかなくわえた名無しさん 2005/11/09(水) 21:26:22 ID:Z0p4+AwH
>>782
ガムと一緒に舌も噛んでましたorz
見ていたお母さんも驚いてました。当たり前ですが。

何というか、口周り・口の中の動きが鈍いというか少ないんですよ。もったりしているというか・・・
なので話す言葉も不明瞭でした。
1年後にはフーセンガムを膨らますこともできるようになりましたけどねw

>>783
親が気付いて相談に来ることは少ないです。
小さい頃からそういう話し方をしていると気付きにくいんでしょうね。
ちょっと聞き取りづらいけど大きくなったら話せると思っていて、
幼稚園の先生が「相談してみたら」と勧めてそれで相談に来ることが多いです。
ア行、ハ行、ヤ行だけ正確に言えて残りは母音のみという子もいましたが
おばあちゃんが心配だからと相談に来られました。

785: おさかなくわえた名無しさん 2005/11/10(木) 07:26:43 ID:hUbY08Yx
うちの弟もことばの教室に通ってた。
小学校の担任の先生に勧められて。

何度か見に行ったけど楽しそうに遊びながら喋ってたよ。
「しゃしゅしょ」になっちゃう弟だったけど1年ぐらいで直ってた。
そこは小学校の一室でやっていて、おもちゃがいっぱいだし
通ってた小学校とは別の小学校に出入り出来る物珍しさもあり、
実はかなり羨ましかったw

楽しみながら矯正出来るて良いよね、お二方とも頑張って下さい。

786: おさかなくわえた名無しさん 2005/11/10(木) 12:37:21 ID:1IZBIiYq
>>783
うちの叔母が脳梗塞で入院→発語できなくて言語聴覚士さんの
お世話になりました。
メヌーを決定するのは、嚥下の出来具合を見て
食事の硬さを決めるんだと思うよ。

うちの叔母は、嚥下が難しい人に飲まされるチューブ入りの
栄養ゼリーみたいなのが「まずい、いやだ」と言ったの。
そこで、先生に「普通食に戻るのはいつですか」って聞いたんだ。
そしたら、お医者の先生と聴覚士さんが相談して、叔母に水を飲ませてみて
メヌー変更してくれたよ。栄養士的知識は必要ないっぽかった。
ただ、「飲めるか・噛めるか」ってとこで話し合ってたから。

>>784 聴覚士さん
あの吹き戻しっていうんですか、ピロピローっておもちゃ。
あれを叔母がやってました。 脳梗塞で倒れた年寄りがみんな、
病室でピロピローとやりあってるのは面白かったですw

802: おさかなくわえた名無しさん 2005/11/11(金) 11:20:55 ID:YM2veTDq
遅くなりましたが。

>>783さん
 音感は関係ないですね。音痴でもなれます。
 ただ声質や発音の歪みには敏感になります。あと文法とか。

 嚥下訓練は、大人には「ごっくんしてください」と指示します(笑)。
 認知症の方だと、よく口で「ゴックン」と言われ、orzとなります。
 うまく飲み込めない場合、ほんの少しの氷なんかを口に入れて練習したりします。
 口の中に何か入ると、人間は本能で飲み込めるもんなんですね。 

 食事メニューについては、>>783さんがおっしゃっているとおり、
 食事形態を決めるだけです。ミキサー食とか柔らか食とかいろいろです。
 ちなみに一般にいちばん安全なのは、ゼラチンで固めたゼリーです。
 寒天は重度の嚥下障害の方には不向きです。
 あと、液体はいちばん難しいです!!
 嚥下障害って言われたご家族などに、多量のお茶などあげないでくださいね。

>>784さん
 小児の訓練内容の補足、ありがとうございます。
 学生時代の講義を思い出しました。なつかし~。





おすすめヘッドライン