【文字の大きさは右サイドバーのボタンで変更してください→】

引用元:うっかり萌えた父親のエピソード
http://nozomi.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1396502516/

9: 名無しさん 2014/04/24(木)16:47:50 ID:nOfPEGiMZ
「友人の」父親のエピソードだけどいいかな

友人の弟は、大学卒業してから定職につかずバイトしてお金たまったら
ふらりと旅に出て、お金なくなったらその地で住み込み等でまた働いてたまったら旅に出る
という浮世暮らしというのだろうか、そういう生活をしていたそうだ
今どこにいるかも全然連絡来ないので、家族としては残された通帳を記帳して
「あっA市支店!今ここにいるんだ」「次はB県に行ったよ!」と推理を繰り広げていたとw
ある時、半年以上と長いこととどまっていた場所があったらしい
「弟、ここが気に入ったのかな」と話していたら、その土地の名物を実家に送ってきた
伝票にはアパート名が書いてあり、定住していることを知った。
友人家から新幹線一駅+在来線1時間弱くらいの比較的近場で、それなら帰ってくればいいのに!
と思っていたら、友人の父ちゃんは思いたって普通電車乗り継いで朝から弟に会いに行った
アパートに着いたけど弟不在。大家さんに事情を話して部屋に入れてもらったら
朝食食べたあと、洗濯物半分干した状態で出かけていたので「これはすぐ帰ってくる!」とふんで
父ちゃん弟脅かそう!と思って押入れに入ってずっと弟の帰りを待っていたらしいw

しかし夕方まで待っても帰って来ず、しょうがなく残りの洗濯を干して帰ってきたそうだ





おすすめヘッドライン