オカルト

アンテナヘッドライン


管理人都合により、現在更新を休止しております


昨日の夜、幽霊が出た。初めて幽霊見た。だいぶ前に死んだ姑が枕元に立ってた

引用元:【オカルト】不思議体験したことあるやつwwwwwwwww
http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1394112615/

421: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)10:04:50 ID:FcS
ネットへの書き込みに慣れてなくて、変だったらごめんなさい。
他のサイトから辿ってきました。
ちょっとした不思議な体験を自由に書き込んでもいいようなので、書きます。

昨日の夜、幽霊が出た。初めて幽霊見た。
だいぶ前に死んだ姑が枕元に立ってた。
納棺の時には、白装束の上にお気に入りの着物を掛けたのに
黒く腐ったような服を着て、恨めしげな顔して立ってた。

ああ、そういえばあの人「死んだらきちんと供養してもらわないと、成仏できない」と思ってる人だったけど
かろうじて四十九日しただけで、あとの法事全然してないし
そもそも納骨もちゃんとしたのかな?墓も仏壇も放置してるけどどうなってるだろ?
とか考えながら布団かぶって寝ようとしたけど
やっぱり寝れなくて、見たらまだ居た。

続きを読む

見えていないと怖くないが、それが居ると分かった時死ぬほど怖い

引用元:死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?
http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1395334657/

160: 名無しさん@おーぷん 2014/11/04(火)18:34:44 ID:pZpFrtptm

先日体験した話をさせてもらいます。
文才はあまりないので見辛いようでしたら申し訳ありません。

 少し前の三連休の際に母の実家に帰省することとなりました。私だけお盆に帰省していなかったこともあり、特に予定もなかったのでついていくことにしました。
この日は色々と可怪しかった事をよく覚えています。母と弟はこの帰省の1ヶ月前にも帰省していましたし、通り慣れた道でしたのでナビも付けずに走行していました。
午後8時半位に家を出てから高速道路を下りてO市を抜け、Y町の駅前を走行していた際に不可思議なことが起きました。
私はイヤホンをつけて動画を見ていたので外の景色を全く見ていなかったのですが、母親が何か言っているのに気づき、イヤホンを外して母に何があったか聞きました。
「どうしたの、母さん」
「ねえ、この道にこんな橋あったっけ?」
と言ってきた。外を見ると確かに見慣れない橋の上を走っている。下には川らしきものが見えるのだが、いつもはそのような道は通らない。その橋を通るようにしたのならば母はこのような質問をしてこないだろう。
だが、前述の通り通り慣れた道、迷うはずがないと考えていたのでおかしいと思いつつもそのまま走り続けていました。道を間違えているのが確信へと変わったのは海岸線にでた時でした。本来駅前を越えたあとは山側へと入るので海岸線は見えないはずなのです。
流石にこれはおかしいと思った私はスマートフォンで現在地を調べたところやはり道を間違えていました。しかしその間違え方もおかしいのです。その道は駅前を背にして走らないと行けない道なのですが、母の話だと駅前とその前にある店を過ぎたと言うのです。
それならこの道に入るということはありえません。
「さっき○○○号線に入ったって言ったよね?」
「うん、少なくとも位置情報はそうなってるよ。」

「この通りの先落ち武者の幽霊が出る峠があるし、崩落事故があったトンネルもあるんだよ。今日は何だか本当におかしい。」

続きを読む

ボクシングジムで、誰もいないのにマットの床がキュッキュと鳴りだしたり、 サンドバッグが揺れ出したりした

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その4
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1412857806/

137: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)13:52:24 ID:PKdW33aiz
10年近く前のことだけど、ダイエット目的で家のすぐ近所の小さなボクシングジムに通ってた。
平日は仕事帰りの20時くらいに行って、ジム終業の22時まで頑張るっていうのが定番の流れ
だったんだけど、時々変なことに遭遇した。

22時になって練習スペースに誰もいないのに、マットの床がキュッキュと鳴りだしたり、
サンドバッグが揺れ出したりした。
他の人もいないし窓も開けてないのに、フワッと汗臭い熱い風がすぐ脇を通っていったりした。

土日にジムでよく会うおじちゃん会員に、時々そんな変なことがあるという話をすると、
「ちょっと前だけどね、試合前に死んじゃった選手いたんだよ。若い子でね、まだ6回戦で。
会長も目をかけてて、本人も試合張り切ってたんだけどね。事故だったんだけど、即死でね。みんな葬式で
話したんだよ。
『あー死んだって気づかないで後楽園来ちゃうんじゃない?』なんてね。
そうかそうか。まだ試合前だと思ってるんだなーもうとっくに終わったのになー」
なんて言ってた。

オカルト半信半疑主義だったけど、この話を聞いてもう「俺、初遭遇!!」と燃え上がった。

続きを読む

コンビニの店員が「お客様が通られた後少しして必ず誰も入らないのに自動ドアが必ず開くんです」と

引用元:【オカルト】不思議体験したことあるやつwwwwwwwww
http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1394112615/

403: 名無しさん@おーぷん 2014/09/30(火)12:31:29 ID:YhReQZ8kJ
二年前の話。
行きつけのコンビニの店員から話掛けられた。可愛い子だったから内心ワクワクしたんだが、
「お客様が通られた後少しして必ず誰も入らないのに自動ドアが必ず開くんです」と。
仕事疲れもあってか、ああそう…程度に受け流したと思う。

で、コンビニを出た。
んなわけないやろと一応背後を確認。
閉じて10秒前後かな、確かに誰も居ないのに自動ドアは開いた。
内心怖すぎて直ぐ様コンビニに入り直して店員に聞いた。
「毎回?」
「はい」
「いつから?」
「3ヶ月ほど前から…」
この間も自動ドアは開いた。
ありがとうと言ってコンビニを出た。
後ろでやっぱり音がしてた。

3ヶ月前は丁度祖母が亡くなった時期と一致する…だからそれを聞いて怖くはなくなった。
大して何もしてやれて無いけど小さい頃、可愛がってて貰った記憶はたくさんある。
その日は少し安堵して眠りについた。

続きを読む

その夜不思議な夢を見た

引用元:死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?
http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1395334657/

155: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)20:23:01 ID:vRD8F0C2q
チリで最悪な犯罪者に絡まれた話

実話です。
これは、南米旅行が趣味だった頃チリの古代遺跡で有名なとある島
に行った時の話。
ある夜、有名な観光地の商店でもの凄いDQNっぽい格好したアジア人
の男が現地の商店で買い物してた少女にしつこく詰め寄ってたんだよ。
んで、明らかに少女は涙目になってて嫌がってるのに男は大声で
なんかまくし立ててんのよ。
しかも片方の手をズボンの中に突っ込んで何やら〇〇〇をモゾモゾ
といじってなさる。
声聞いてたら明らかに酒に酔ってる感じの日本語・・・うわ
最低だなぁ・・・□リコン変態の日本人かよー最悪じゃん!この恥
さらしが!って怒鳴りつけてやろうかと思ってたら、店の外から派手
なギャル風の格好をした20代位の女が入って来て男に向かって何か
喋りかけて来た。
すると男は何事も無かったかの様に〇〇〇いじりを止めるとササーと
その女の所に行って何やらゲラゲラと談笑しはじめた。
少女はどっかに走って店から出て逃げたので俺は安心した。
ギャル風の女は最初はムスッとして話を聞いていたが暫く男と談笑を
した後店を出て一緒にワゴン車に乗った。
男は窓から酒缶をポイッと投げ捨てるとワゴン車は夜道に消えていった。
次の日、観光地巡りをしてる時またソイツに出くわした。
昨日のギャル風の女を連れている。
今日は〇〇〇はいじくって無かった様子だが、相変わらず酒缶を手に
持ってゲラゲラ笑っている。
その声を聞いたらまた嫌な気分にさせられた。
一秒もその場に居たく無いので帰る事にして男の横を通り過ぎるよう
とした時だった。

続きを読む

「出て行け…出て行け…」

引用元:死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?
http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1395334657/

146: 名無しさん@おーぷん 2014/09/18(木)04:36:12 ID:euFz45lFI
当時の彼女が住んでいたワンルーム。

安さだけで決めたというだけあって、壁は薄いし夏は暑くて冬は寒い。
おまけに築年数もかなり経っていて、トイレはお風呂場と一緒のタイプ。

玄関入ってすぐに狭くて細いキッチンスペースがあり、その先に8畳のリビングがあった。
角部屋だった為、外階段を昇り降りする音も聞こえてくる。

彼女はだいぶ図太い神経をしていたのか、全く気にならないと言っていた。
偽物ではない、本当にサバサバとした男友達のような性格に惚れて付き合っていたんだ。

とまあ、前提はこれくらいで。

俺も一人暮らしをしていたんだが、大学もバイト先も俺の部屋の方が近かったせいか、ほとんど俺の部屋で半同棲のような形で生活していた。
何度か彼女の部屋に遊びに行ったことはあるが、初めて泊まったのは付き合って二ヶ月くらい経ってからのことだった。

部屋に入るなり、彼女はうーん…とうなりながら、狭い部屋をパタパタと片付け始めた。
俺の部屋と比べたらかなり片付いている(というよりものが少なすぎる)のだが、彼女は気になるようで、せっせと俺がいられるスペースを作ってくれた。

話に聞いていた以上に壁が薄く、静かにしていれば隣の部屋のテレビの音も聞こえてきた。
当然、彼女もBGMがわりに見もしないテレビをつけて生活音を消していた。

お酒も入っていたので、狭いベッドに抱き合う形で布団に入り、ムラムラする気持ちは抑えてその日は早めに眠ることにした。

続きを読む

彼女はほんとに、人の心がわかるんだと思った

引用元:死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?
http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1395334657/

前記事:「出て行け…出て行け…」

152: 名無しさん@おーぷん 2014/09/27(土)08:34:42 ID:sbIOhK8kT
サバサバ彼女の話をした者です。

暇なので今日も勝手に投稿させてもらいます。

彼女とはバイト先が一緒になり仲良くなったのがきっかけで付き合ったんですが、その仲良くなった経緯が、ちょっと変だったのを思い出しました。

居酒屋でバイトしていたので、バイトが終わると賄い飯が出るのが魅力的でした。
着替えて、賄いのどんぶりを持って休憩室に入ると、先に上がっていた彼女がいました。

「お疲れさまです」
「ああ、お疲れさまー」

無愛想に感じましたが、彼女の前に座って賄いを食べ始めました。
先に食べ終わり、少し彼女を観察していると、彼女が、

「ごめん、ちょっとタバコ吸っても良い?」
「え?うん。べつに良いけど」

タバコに火を付けて灰皿に置きました。
でも吸ったのは最初の一口だけで、あとはそのまま半分くらい灰になるまで置きっぱなし。

「タバコ、いいの?」
「うん。こうしとくと彼が喜ぶから」

素っ気なく答えた彼女に、なんだ、彼氏がいるのか…と、残念に思ったのを覚えています。

その後も、何度か一緒になるうちに、タバコに火を付けて放置、を何回か見ましたが、しばらくして彼女の妙な喫煙はなくなりました。

「タバコやめたの?」
「あー…うん。そんなとこ」
「彼氏と別れたの?」
「別れたってwまぁ、彼がいなくなったのは確かだね」

よし!と思って彼女にアピールして付き合えるようになったのは、これから一年後くらいのこと。

で、付き合って、彼女が見える人だと分かってから教えられたのは、彼女が休憩室でタバコを吸ってたのは、休憩室にいた男の霊がタバコ好きだったから、って話。
俺、幽霊に嫉妬してたらしい。

彼女は勘が良いから俺の気持ちにも気付いていたけど、あえてそういう態度をとっていたらしい。

続きを読む

千里眼持ちだった叔母

引用元:今までにあった最大の修羅場を語るスレ2
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1407507980/

393: 名無しさん@おーぷん 2014/08/29(金)06:14:25 ID:B7fxF2NA4
千里眼持ちだった叔母の話、文才ないんでゴメン

数年前に亡くなった俺の叔母さんは千里眼だったんだ
俺が小学校高学年の頃映画のリングが流行って、夏休みのお盆時期に母の実家でレンタルしてきたリングを皆で見てた、そしたら親父が貞子の母親の実験やってみよーぜ!って言い出し、お茶の葉っぱ入れる缶使って千里眼実験をすることになった

叔母の千里眼は家族と叔母の親しい友人には周知の事実だったけど、実際に実験して証明したことはなかったらしい

んで、叔母と母には二階で待機してもらって、俺と親父は一階の台所で実験準備、缶に紙を入れて包帯でグルグル巻きにして完了、叔母の元に持ってった

叔母は念入りwwwって笑って缶を受け取ってさ、両手で包むみたいにしてジッと見てたんだけど「これはダメだわ」て言った
俺はさ、なんだー千里眼なんて嘘かーって思ったんだけど叔母は「固まってて分からん、何これ、紙どうやって入れた?」って

その場の雰囲気が冷たくなるのが分かったよ、親父は紙を折って入れたんじゃなく丸めて固めるみたいにして入れたんだ、叔母にそう教えたら

「そら見えないよ、くしゃくしゃだもん」こん時さ千里眼の人はどんな風に見えてるかはじめて知ったよ、まんま見えてるんだな、ちょっとゾッとした

続きを読む

家に放置してあった大黒様を、妹が神棚を作り大切にしたところ…!

引用元:【オカルト】不思議体験したことあるやつwwwwwwwww
http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1394112615/

382: 名無しさん@おーぷん 2014/08/04(月)22:26:59 ID:NeV5wrshW
うちは都営団地済みの超貧乏一家。
もやしとひき肉が主食って感じ。

家はぼろいし、さむいし、プライバシーない。勉強に集中できない。
おまけに池沼やチoンが周りにいっぱい。
最悪の環境で夫婦仲も悪く、いっつも家の中がギスギスしていた。


家には両親が新婚旅行で買ったという神像があった。
放置というか…あんまり大切にしていなったんだけど、
ある日突然妹が神棚を作り、磨いて水やご飯をそなえるようにあった。
妹はその日からよくニコニコしているおじいちゃんの夢をみるようになったそうだ。

そしたら、すぐにいろんな自体が好転しはじめた。

まずは、底辺高で就職絶望と言われていた兄が奇跡的に奨学金の試験に受かり、進学して公務員になった子供も生まれた。

次に、生き別れだった父方の祖父が多額の遺産を残してくれて、
私と妹は大学に進学することができ、大企業に就職した。
私はすぐに会社の先輩と結婚2人子供を産む。

続きを読む

友人と泊まったホテルで、私以外誰も居ないはずの部屋で突然肩をポンポンと叩かれた

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験1
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1397802500/

895: 名無しさん@おーぷん 2014/07/01(火)21:45:59 ID:???
友人とふたりで長崎旅行した時のこと。
某ホテルのツインルームに泊まった。
坂道だらけの長崎の街を歩きまわってクタクタで戻ってきて、
私が先にお風呂に入った。
お風呂から上がって友達と交代したあと、
ドレッサーに向かって髪を乾かしながらテレビを見ていた。
見ていたのはプロ野球中継だったので
ドライヤーで音声が聞こえなくても気にならなかった。
しばらくそういう状態だったんだけど、
突然肩をポンポンと叩かれたので、
もう友人が出たのかと思って「なに?」って振り向いたら
部屋の中には誰もおらず、バスルームから音が聞こえていたので
ノックしてドアを開けたら、友達がまだ入っていた。
おかしいなー、ドライヤのコードが肩に当たって
叩かれたような勘違いしたのかな?と
無理矢理自分を納得させて、友達が出るのを待った。
しばらくして友達が出てきたので、
さっきこんなことがあって、
おばけが出たのかと思ってドキッとしちゃったーって言ったら
友達が真っ青になった。

続きを読む


このブログについて
RSS Twitter

このエントリーをはてなブックマークに追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

引用していないスレッドも含め管理人が2ちゃんねるに書き込みを行う事はありません。

【このブログについて】

 管理人 隣子
モナーコイン
2ちゃんねるから新しい通貨が生まれました。
j232x46
暗号通貨?何それ?円天?
という方はこちらの漫画をどうぞ。
用語集
トメ  姑
ウト  舅
ウトメ  舅+姑
大トメ  舅か姑の母
コトメ  小姑
コトメ子  コトメの子
小梨  子供が居ない
スカ  スカッとした
ヌカ  スカまでいかない
マヤる  演技する
(北島マヤ)
シンママ  シングルマザー
24  通報(ツー・フォー)
エネ  敵(エネミー)
エネ夫  味方しない旦那
エネme  自身が敵だった
勘助  勘違い男
サイマー  多重債務者
プリン  不倫・不倫相手
偽実家  義理の実家
ぶんぶん台  分娩台
ウォーター  目が覚める
(ヘレン・ケラー)
最新コメント
お問い合わせ・ご意見
月別アーカイブ
文字の設定
    文字の大きさ
  • 太字


  • 文字の色の濃さ
  • 薄い
  • 普通
  • 濃い



AAは文字サイズ小、太字無しで正しく表示されます
記事検索